投稿日:

円安、円高って何?FXで儲ける為の基礎

「円安≒円高」の意味正しく知つてる?よく聞く言葉だけど意外と多い勘違い。

「円安」「円高」という言葉は誰でも聞いたことがあるでしょう。

それでは問題です。1ドル=100円だった為替レートが変動して、1ドル=110円になったとします。

これは、円高になったのでしょうか。円安になったのでしょうか。

答えは円安です。

金額が110円と高くなったから円高と思ったかもしれませんが、実際は逆です。

円安・円高は、海外の通貨(ここではドル)から見た円の価値を表す言葉です。

1ドルが100円から110円になったということは、1ドルと交換できる円の量が増えたということですから、円が安くなった=円安だといえるわけです。

逆に、1ドルが100円から90円になったら、1ドルと交換できる円の量が減ったのですから、円が高くなった=円高となるのです。

一般的に、商品を海外に輸出する会社は円安になるほど利益が大きくなります。

また、海外旅行や輸入は円高のほうが有利になります。為替レートの変動は、FXに限らず、身近なところにも影響を与えるのです。